私たち“ひのグループ”は九州地区を中心に活動を行う企業グループです。

『素材は、愛情』をテーマに寝具の製造販売、太陽光発電事業を行っている“株式会社ひの”
貸しビル業、リース業、太陽光発電事業などを中心に活動する“株式会社明伸産業”
防犯カメラ・防犯システムの製造・販売を行う“株式会社サンセキュリティシステム”
不動産売買を中心とした宅地建物取引業を営む“株式会社サンフィールド”
”髪サプライズ”の九州総代理店としてその販売及び施術行為を行う”株式会社サンオーシャン”
プロ仕様並みの洗髪剤や化粧品等の製造・卸を行う”株式会社サンヴォーテ”
国内旅行・海外旅行など幅広く旅行業を営む“有限会社ひのトラベル”
上記7社を中心に『皆様の健康で豊かな明日を願う、未来創造企業』として様々な活動を行ってまいります。
今後とも、“ひのグループ”を宜しくお願い致します。

   株式会社ひの
   株式会社明伸産業
   株式会社サンセキュリティシステム
   株式会社サンフィールド
   株式会社サンオーシャン
   株式会社サンヴォーテ
   有限会社ひのトラベル

【第6回チャリティゴルフコンペ募金結果のご報告)】平成30年11月1日
「ひのグループ第6回チャリティゴルフ会」に多数のご参加ならびにご協賛をいただきまして、誠にありがとうございました。
おかげ様をもちまして本会は、大いに盛り上がり、また、最終的な集計の結果、皆様のご協力により10月31日に福岡県を通じ、九州北部豪雨災害に合われた被災地の方々へ
867,498円もの寄付を行うことが出来ましたことをご報告申し上げます。
 昨年の7月5日から6日にかけて福岡県から大分県にかけて襲った集中豪雨により甚大な被害を受けた朝倉市や東峰村などの被災地では、1年以上経過した今でも、いまだ完全な復興はなっておらず、公的な支援のみでは住民の身の回りのことなどについてまではなかなか届かず、私たちなどの寄付などが優先的にそのような住民の方々に届けられると小川知事より伺いました。
なお、贈呈式の模様につきましては、福岡県のホームページ上『トップページ > 防災・安全 > 防災・国民保護 > 被災者支援 > ひのグループから義援金が贈呈されました』でも公開されております。

【第5回チャリティゴルフコンペ募金結果のご報告)】平成29年11月9日
平成29年10月31日に行われましたチャリティゴルフ会にはたくさんのご参加ならびにご協賛を賜り誠にありがとうございました。最終的な集計の結果、皆様のご協力により去る11月8日に福岡県を通じ、九州北部豪雨災害に合われた被災地の方々へ90万円もの寄付を行うことが出来ましたことをご報告申し上げます。
 今年7月5日から6日にかけて福岡県から大分県にかけて襲った集中豪雨により甚大な被害を受けた朝倉市や東峰村などの被災地では、いまやっと仮設住宅の整備が進み住民の方々が避難所からの移動を始められているような状況であり、インフラなどの整備については公的予算などが割り当てられるものの、住民の身の回りのことなどについてまではなかなか届かず、私たちなどの寄付などが優先的にそのような住民の方々に届けられると小川知事より伺いました。 皆様のご協力のおかげで、このような寄付を行うことができましたこと、深く感謝申し上げるとともに、災害に合われた皆様が、一日も早く元のような生活に戻れることを切に願っております。
福岡県ホームページ|ようこそ知事室へ〜11月8日の記事


【『株式会社サンヴォーテ』代表者変更のお知らせ】平成28年12月5日
平成28年12月5日に行われました取締役会におきまして当グループの会長である日野進が兼任しておりました、株式会社サンヴォーテの代表取締役を同社取締役田中武史に変更いたしました。

【第4回ひのグループチャリティゴルフ会募金結果のご報告】

平成28年11月1日に行われましたチャリティゴルフ会において、最終的な集計の結果、皆様のご協力により、熊本県益城町の認可外保育所『保育園こころ』様に対し、90万円もの寄付を行うことが出来ましたことをご報告申し上げます。
『保育園こころ』様は今年四月に起きた熊本の震災により甚大な被害を受けましたが認可外保育所である為、国からの助成金を受けることができず、建物の修理もままならない状況にありながら、様々な被災者の方々のお子様を受け入れるなど自らも支援活動を行っていらっしゃいます。
 そのような状況に際し、『保育園こころ』様の施設回復工事のお手伝いとなればと思い、今回の寄付を実施させていただきました。

【グループ内会社商号変更『株式会社ひのユニオン』→『株式会社サンヴォーテ』】平成28年9月10日
この度、グループ会社である『株式会社ひのユニオン』の商号を『株式会社サンヴォーテ』に変更いたしました。『サンヴォーテ』は今後新事業のプロ仕様洗髪剤を始めとした化粧品の製造卸事業を中心に事業を展開してまいります。今後ともひのグループをよろしくお願いいたします。

【新事業のお知らせ『株式会社サンオーシャン』】平成28年9月1日
『株式会社サンオーシャンはこの度、ジェイファミリーと提携し『髪サプライズ』の九州総代理店として営業を開始いたします。


【国民生活センターによる羽毛産地偽装問題について】平成28年5月26日
先日より、テレビの報道に取り上げられております、欧州産羽毛の産地偽装についてでございますが、報道を受け、羽毛の原料卸先に確認を取らせていただきましたが、『ひのグループ』にて製造・販売しておりました製品に関しては「全く問題なく、正しく品質表示がなされている」との回答がございました。
弊社製品の羽毛は原産国であるフランスから台湾を経由して日本へ入ってきております。
以下はその証明書です。

画像をクリックすると
PDFで閲覧できます。
 
 1.フランスの原料メーカー(輸出元)
 会社名、住所
2.台湾の商社(輸入元)
 会社名、住所
3.(FRANCE)
     原産国
     欧州共同体
     原産地証明書の発行元
4.コンテナNo
6.船名
商品明細
    フランス産ホワイトダックの総毛
7.輸入重量
8. 輸出承認日
     27・06・2013
     No.5687080
 
画像をクリックすると
PDFで閲覧できます。
 
CERTIFICATE OF ORIGIN
原産地証明書
Taiwan Feather Exporters Association
原産地証明書の発行元
COMMODITY
商品内容
ホワイトダックダウン
     (NET 90)
MARK
ケースマーク
PORT OF LADING
積地 台湾
DESTINATION
揚地 四日市
SHIPPER
輸出社
REFERENCE
輸入社
メルクロス
ご安心いただき、今後とも弊社製品をご使用いただけますよう、ご案内申し上げます。

【ひのグループにおける寝具訪問販売事業中止のお知らせ】平成28年1月31日

 ひのグループでは最近の社会事情などを鑑み、平成28年1月をもちまして、寝具等の訪問販売事業を停止させて頂きました。
ただし、これまでご購入いただいたお布団のアフターサービスなどにつきましては弊社または弊社委託業者に於いてこれまでどおり、きちんとご対応させて頂きますので、安心してご使用ください。
アフターサービスならびにご契約内容に関するお問い合わせは今までどおり、
『ひのグループ お客様相談室 TEL:0120-201-020』(受付時間:月〜金のAM10:00〜PM6:00)で受付をいたします。
長い間、一方ならぬご愛顧を頂き、誠にありがとうございました。
今後とも『ひのグループ』を何卒、宜しくお願い申し上げます。


【株式会社サンセキュリティシステム 本社移転のお知らせ】平成28年2月1日
このたび、株式会社サンセキュリティシステムの本社所在地を福岡県春日市から福岡市南区清水2-8-10に移転いたしました。

【第3回ひのグループチャリティゴルフ会募金結果のご報告】
 平成27年10月27日に実施いたしました、チャリティゴルフ会において、福岡市福岡城整備基金ならびに福岡市立こども病院様に募金させて頂きました。チャリティゴルフ会にご参加いただいた皆様誠にありがとうございました。
→福岡みんなの城基金
→福岡市立こども病院様HP

【『2ちゃんねる』ならびに『悪徳商法マニアックス』に掲載されている『ひのグループを告発する』というタイトルの記事について。
各種検索サイトで『ひのグループ』を検索いたしますと、『2ちゃんねる』または、『悪徳商法マニアックス』などのサイトに掲載されております『九州の「ひのグループ」を告発する。』という2006年12月28日付で弊社元社員を名乗る者からの投稿記事が目につかれることと思います。
この記事に書かれている内容は、弊社に対し不正行為を働いたことにより追放された某氏を中心とした一派による組織的な営業妨害の一つです。
弊社事業内容をもとに悪意をもって捏造されたものであり、このような事実はございません。
この行為に対し弊社は刑事告発並びに民事訴訟による損害賠償請求を起こし平成24年に結審し勝訴しております。

また弊社は、平成3年の創業時より『清く 正しく 強く』の理念のもと、営業としてのモラル向上や消費者保護についても積極的に取り組み、訪問販売法(現在の特商法)の改定以前より、高齢者販売、多重販売などに対しては自社独自の基準を設け、社員に対しても法令順守に対し厳しく指導してまいりました。
現在も弊社が行政からの指示や業務停止等の処分を受けることなく営業できておりますのは、お客様からのお引き立てがあったことはもちろん、このような姿勢があってこその現在だと自負しております。

当該記事を読まれたことにより、弊社に対し不信感を抱かれた方、ご心配いただいた方等々、様々な感想を持たれたことと思いますが、当該記事は捏造されたものであり、事実とはかけ離れた内容であることを重ねて申し上げさせていただきます。


ひのグループ HINO GROUP SINCE1991